コドミンは本当に安全なのか調査!【副作用の危険性はあるの?】

コドミン 副作用

 

コドミンは、子供の集中力や落ち着きをサポートしてくれる話題のサプリメントです。

 

すぐに迷子になる、じっとしていられない、友達と喧嘩ばかりする…

 

このような症状が見られる子供、中にはいますよね。

 

子供特有の症状ですが、これが原因で悩んでしまう母親も多くいるんです。

 

そこでオススメしたいのが、このような症状に効果的な作用をもつコドミンです。

 

でもコドミンって副作用もなく安全に飲むことができるのでしょうか?

 

子供に飲ませるものですので、危険な副作用がないか非常に心配ですよね。

 

今回は、コドミンに副作用があるのか詳しく調べていきましょう!

 

 

コドミンの成分を調べよう!

 

まず、コドミンにはどんな成分が含まれているのか見ていきましょう。

 

コドミンに含まれる有効成分として最も注目したいのがホスファチジルセリン(PS)です。

 

このホスファチジルセリン(PS)は大豆由来の成分で、子供の落ち着きや集中力の向上に効果があると言われています。

 

そんなホスファチジルセリンは大豆にわずか0.003%しか含まれていないため、食べ物から摂取するのは非常に難しいようです。

 

ですが、コドミンには1粒で100mgほどのホスファチジルセリン(PS)が含まれているので、手軽で効率的に摂取することができるんです。

 

同じ量を大豆から摂取しようとすると、3.3kgも食べなくてはいけません。

 

子供が毎日この量の大豆を食べるなんて絶対に無理ですよね。

 

コドミンで簡単に摂取する方法がオススメです。

 

 

コドミンに副作用はあるの?

 

コドミンの成分を調べてみましたが、ホスファチジルセリン(PS)を始め、危険な成分は特に含まれていないようでした。

 

ですが、注意しておいた方が良い点がいくつかあります。

 

まず、ホスファチジルセリンは大豆由来の成分です。

 

大豆にアレルギーをお持ちの方は体に影響が出てしまう可能性があるため、避けた方が良いかもしれません。

 

それと、コドミンの1日の推奨摂取量は1〜2粒とされています。

 

公式サイトを確認してみたところ、3粒程度飲んでも影響はないと記載されていますが、必要以上に摂取量を増やしてしまうことは避けるべきです。

 

コドミンを含むこれらの健康補助を目的とするサプリメントは、一度にたくさん飲むのではなく長く継続していくことでより効果を発揮します。

 

たくさん飲めば効果が上がるというわけではなく、むしろ過剰摂取が原因で健康に悪影響を及ぼすことも考えられます。

 

不用意な副作用を避けるためにも、規定の摂取量は必ず守るようにしましょう。

 

 

コドミンの副作用まとめ

 

コドミンには、副作用の可能性がある危険な成分は含まれていないことがわかりましたね。

 

ですが、飲み方次第でこれらの安全な成分が悪影響を及ぼしてしまう場合もあります。

 

規定の用量や服用方法をよく確認し、正しい飲み方で続けていくことがとても大切ですね。

 

コドミンの成分や服用方法などの詳しい情報は公式サイトで確認できるので、ぜひ一度チェックしてみてください!

 

>>コドミンの詳細はこちら


関連ページ

コドミンの効果っていったいどんなもの?【子供の集中力をサポート!】
コドミンの効果や成分は?どんな子供に有効なの?コドミンの効果や成分を調べよう!
コドミンは何歳から飲んでも平気なの?【効果的な飲み方が知りたい!】
コドミンの飲み方は?何歳から飲んでも大丈夫なの?コドミンの効果的な飲み方や何歳から服用できるのかを調べてみよう!
ADHDに有効って本当?【その効果が知りたい!】
コドミンはADHDに効果があるって本当?子供のADHDってどんな症状なの?コドミンのADHDへの効果について調査しよう!